ビオチン以外の掌蹠膿疱症の治療

掌蹠膿疱症ネット

おすすめ記事

掌蹠膿疱症について

掌蹠膿疱症とはどういった病気なのかについて

医療関係者も知らない掌蹠膿疱症

医療関係者であっても掌蹠膿疱症とは何かについて知らないことがある

ビオチン以外の掌蹠膿疱症の治療

奈美さんもかかった掌蹠膿疱症ですが、従来はステロイドが治療薬として利用されてきました。

秋田県の高橋医師によってビオチンの欠乏によっても掌蹠膿疱症が引き起こされると言われて以来ビオチンによる治療もされています。

しかしこのビオチンによる治療法はかなり多くの人に効果がありますがやはりビオチンでは治らないという人も残念ながらいます。

ここではビオチンとステロイド以外の掌蹠膿疱症の治療方法について紹介していきたいと思います。

掌蹠膿疱症の治療方法としてあげられているのが紫外線療法や扁桃腺の摘出などがあげられます。

また紫外線療法もあります。

それ以外にも内服治療があります。

その際にはミノサイクリンやマクロライドを使用することがあります。

掌蹠膿疱症の原因の一つに歯医者で虫歯治療の際に使用される金属があげられます。

金属に対するアレルギーの検査をしてアレルギーがある場合には金属を除去することによって症状が軽減されたりなくなるということもあります。

掌蹠膿疱症は有効な治療法がないと言われてきましたが様々な治療法があるので一つの病院でよい結果が得られなくてもセカンドオピニオンなどを求めることが大事かもしれません。